nekoken2022’s diary

常勤行政保健師歴28年の経験をもとに、保健師向けに役立つ情報を提供するブログです。ぜひご覧ください!

50代後半の私が再びダイエットに挑む

糖質制限ダイエットの再挑戦!!

京都旅行から戻って体重を計ったところ、59.5kgで体脂肪率は16%から17%でした。体脂肪率は測定時に多少の変動があるため、おおむね16.5%としています。今年は派遣職員ではなく、年度単位の職員として採用されており、6月頃に健康診断があります。その健康診断に備えて、体調を整えたいと考え、以前行っていた糖質制限ダイエットを再開することにしました。

私の行う糖質制限ダイエットはそれほど厳しくなく、基本的に1食あたり40gの糖質量を目安にしています。1日の総量は最大で120gですが、実際には40gでは少し痩せにくいです。以前はより意識的に30gまで落とし、高校卒業時の体重に戻し、体脂肪率も10.5%にしました。

体重を落とした後、筋肉量が減っていることに気付きました。その時は筋トレのモチベーションが上がらず、時間をかけて結局、体重が56kg〜57kgになりました。京都に行った影響で体重が増えたのは、糖質を多く摂取したためですね🤣あれだけ美味しいパンを頂いていれば一日2万歩、歩いても太るよね。カロリーは減らないわけだから。

さて、糖質制限ダイエットでは筋肉量が落ちやすい点に注意が必要です。体が糖質を抑制されると、体のタンパク質からエネルギーを取るため、筋肉が落ちやすくなります。これは特に注意が必要です。スポーツで記録を目指している人はトレーナーと相談すると良いでしょう。北里大学病院では糖尿病患者に対して糖質制限ダイエットを行っており、医療面からの指導も受けられるので有効です。筋肉量が落ちることを恐れるよりも、血糖値のコントロールができることが重要です。

今回は筋トレを行い、以前は朝だけプロテインを摂取していましたが、夜もプロテインを摂ることにしました。これにより血中のタンパク質量を安定させ、筋肉が少しでも減らないようにしたいと思います。効果の有無は実践しながら検討が必要です。毎朝の体重計に乗るのが楽しみです。

開始して4日経過し、体重はおおよそ1kg減少しましたが(きっと水分量とか誤差の範囲)、内臓脂肪の量はほとんど変わっていません。内臓脂肪は短期間で減るものではないので、無理なダイエットは避け、糖質も筋肉を作るために必要なものですから、過度な制限は避けたいと思います。

無理な食事制限はせず、水分摂取は多めに行っています。コーヒー1杯を飲んだら、同じ量の水も飲むようにしています。コーヒーは利尿作用があるため、水分補給をしっかりと行うことで、腎臓結石等の結石予防にもつながる事を希望します。運動も併せることで効果が高まると考えています。実際の効果はこれからの結果でお知らせしますね。

 

さて、今回のネコケンダイエットは上手くいくかな?

 

ーネコケンー